劣化しやすいハイドロキノンの保存方法

ハイドロキノンは大変デリケートな成分で作られているため、劣化が早いです。これを忘れてはいけません。普通の美白化粧品と違い、保存の仕方も気を使わなくてはいけません。まず、温度の管理に注意しましょう。ハイドロキノンは冷暗所に保管しなくてはいけない、ということは説明書にも書かれていると思われます。個人輸入での購入の場合、輸送中に温度変化が起きていたりすることもあるので、より注意して使用するようにしたいものです。返品もしづらいと思われるので、冬場などに購入すると良いかもしれません。日照時間が短い時期のほうが、美白ケアも捗ります。特に日本の夏は暑くてじめじめしていますが、非常に高温になる地域も多々あります。その為基本は冷蔵庫での保管がベストです。ハイドロキノンは規制緩和により、2000年ごろから日本でも化粧品の成分として使用され、知名度を上げてきました。中には安定したつくりの美容液等もありますが、できれば1年を通して冷蔵庫へ保管するほうが、成分が安定したまま使用できるのでおすすめです。日本は四季の変化も様々なので、やはり温度が一定の場所のほうが安心できます。使用期限を確認することも忘れてはいけません。1度開封すると劣化が始まるので、ハイドロキノンが酸化してしまっていないかチェックすることが大切です。安定性がないので酸化は避けられません。酸化の証拠として表れやすいのが、ハイドロキノンの色の変化です。酸化後はベンゾキノンという成分に変わってしまいます。変色が始まり茶色がかった色がついてきたら、もう使用することは諦めましょう。ベンゾキノンもハイドロキノン同様、とても刺激が強い成分だと言われています。使用期限内であっても、冷蔵庫に入れている場合であっても、成分に変化があったら肌トラブルに繋がりかねないので廃棄が1番です。そのまま使い続けると肌に刺激を与えてしまったり、今までにない肌トラブルで病院に通う羽目になってしまうかもしれません。中身を劣化させてしまい廃棄するというのも、ハイドロキノンを上手く使用できなかった方の場合はよくある失敗なので、あまり気にしなくて大丈夫です。ハイドロキノンは劣化しやすいということが、身に沁みてわかるので、勉強代だと思いましょう。基本的に長期にわたって使用するべき成分でもないので、続けたい場合は医師への相談がおすすめです。まずは劣化をきちんと防ぐことを忘れないようにしましょう。